ダイエット

【ダイエット】痩せたいなら空腹状態でランニングするのは絶対やめよう

NO!

ダイエットのために日々ランニングをしている人、またはランニングをはじめてみようかなと思っている人へ向けて言います。

ダイエットのためにランニングするなら絶対空腹状態で行っちゃダメだよ!
筋トレオタク
筋トレオタク

ランニングだけでなくダイエット目的でのジョギングや水泳などの、有酸素運動全般でも同じことが言えます。

最近僕の身近な人が「ダイエットのために何も食べずに走ってるんだよね」と言ってたことからこの記事を書かなければと思い執筆に至りました。

この記事では「過去に僕自身もやっていた空腹状態でのランニングが間違っていることに気づいた経験」も踏まえて具体的に解説していきます。

もしも、この記事を読んでいるアナタが日常的に空腹状態で有酸素運動を行っているならこの記事を読んだ今日から空腹状態での有酸素運動をやめましょう!

痩せにくい体になってしまいますよ!

なぜ空腹状態でのランニングはいけないのか

結果として基礎代謝が落ちるから

脂肪を燃やす
人は空腹状態でも運動することはできますよね。
でも運動するにはエネルギーが必要です。

じゃあ空腹状態で運動すると何がエネルギーになるのかと言うと、蓄えられている脂肪や筋肉です。

筋トレ初心者
筋トレ初心者
脂肪がエネルギーとして燃焼されるなら良いじゃん!

そう思った方もいますよね?

確かに脂肪が燃えるという事実はありますが、

筋肉もエネルギーとして一緒に燃焼される

筋肉が減ることで基礎代謝が落ちる

基礎代謝が落ちることでダイエット後にリバウンドしやすくなる

ざっくり書きましたが上記のような流れになってしまいます。

空腹状態での運動を日常的に行うことで、その期間は脂肪や筋肉がエネルギーとして消費されて体重は落ちるかもしれません。

そして目標体重まで落とすことができたから日常的に運動をするのをやめると『体重は落ちたけど以前より基礎代謝の下がっている体』になってしまうのです。

基礎代謝が下がった結果、私生活で以前ほどカロリーを代謝できなくなってしまいます。

ダイエット後、普段通りの食生活に戻すことで逆に脂肪がついてしまうという事態になりかねないのです。

一時的に痩せるよりも、代謝力を維持しながら痩せるために空腹状態での有酸素運動をやるべきではない理由がわかってもらえたと思います。

ボディビルやフィジークの選手の中には大会直前に、最後の追い込みで空腹状態で有酸素運動を行う方もおられます。

そういった方は、筋肉も消費されるというリスクを知った上で有酸素運動をされているプロの方々です。

一般人は安易にマネをしないようにしましょう。

僕の体験談

砂時計
僕自身、過去に体を絞りたいなと思って毎日のようにランニングをしている時期がありました。

体を絞るために、極力お腹を空かせた状態で走るようにしていたのです。

1ヶ月ほど継続し、順調に体重は落ちていっていました。

そんな日々を過ごしていたある日、ネットでダイエット関連の情報を調べていたら「空腹状態での有酸素運動はやめよう」と書いてありました。

「え!?ダイエットのためなのに食ってから走れってか?」
僕はそんな疑問を抱きながら詳しく調べてみました。

そこで得た知識が今回上記で解説したような内容でした。

当時の僕は空腹状態で有酸素運動をすれば脂肪だけが燃えるとばかりに思っていたので、まさに「目からウロコ」です。

確かに当時、体重は減ってはいたけど身体中の筋肉も細くなっている気もしていました。

「脂肪が減った分細く見えるんだろうな」と自分に言い聞かせていましたが、筋肉も運動時のエネルギーとして消費されていただけでした。

その事実を知ったときはものすごくショックでしたが、そのとき知ることができていなかったら今でも体を絞るときは空腹状態で有酸素運動を行なっていたと思うので、知ることができたことはラッキーだったと思います。

筋肉を維持しながら痩せるために

運動前の食事

鶏肉と他の料理
筋トレ初心者
筋トレ初心者
代謝を落とさず痩せるためには空腹状態を避けるべきってのはわかったけど、何を食べて運動すれば良いの?
消化しやすいおにぎりとか、うどんとかを1時間前くらいに軽めに食べるのがおすすめかな。
忙しくて時間がないときは走る30分前くらいにバナナとか栄養ゼリー、飴とかを食べるといいよ。
筋トレオタク
筋トレオタク

空腹状態を避けるのは大切ですが、逆に満腹状態で運動するのも内臓に負担がかかるので満腹状態での有酸素運動も避けるようにしましょう。

普段の食事

食事
ダイエット目的で有酸素運動を行っているのであれば、糖質・脂質の多い食事は控えましょう。

逆に筋肉量を維持するためにタンパク質をしっかり摂るように心がけましょう。

僕は単純に好きなのもあって、プロテインを飲みまくってます(笑)

痩せるためにキツい思いをして運動をしているのに食事面が乱れていては痩せることはできません。

高タンパク・低脂肪の食事と有酸素運動の組み合わせが重要です。

食事面もしっかり管理、改善していくことで健康的に痩せることができます。

まとめ:エネルギー補給をしてから運動をしよう

夕焼けの下でランニングする女性
空腹状態での有酸素運動を継続することで筋肉は減っていきますが、それでも構わないという方がいましたら止めません。

若い頃は脂肪も、筋肉も一緒に落としてしまっても構わないかもしれませんが、代謝は年齢と共に落ちていくものでもあります。

今だけでなく、将来の健康のことも考えるのであれば空腹状態での有酸素運動をやめて、基礎代謝を維持しながら運動することをおすすめします。

健康的なダイエットをしていきましょうね!