ダイエット

誰でも簡単にできる!【食べる順番ダイエット】やり方と仕組みを解説

食事
誰でも簡単にできるダイエットがあるよ

それを実現したのが【食べる順番ダイエット】です。

実際「効果あるの?」って疑いを持ってしまう人もいると思います。
だって食事量は普段通りで減らしたり、変える必要がないですもん。

でもきちんと効果はあります。
※個人差はありますが。
まぁタダで挑戦できて、安心安全なのでやったことない人は試してみる価値はあると思います。

このダイエット法はこんな方におすすめです。

・忙しくて運動する暇がない
・そもそも運動したくない
・食べる量は減らしたくない
・楽して痩せたい
・安全なダイエットをしたい
・とりあえず手軽なダイエットならやってみたい

これに1つでも当てはまるなら試して損は無いと思います。

食べる順番ダイエットとは、読んでその名の通り、1食で食べている主食、おかず、汁物などのメニューの食べていく順番を変えるだけです。
めちゃくちゃ簡単でしょ?(笑)

食べる順番ダイエットとは

先ほども言いましたが【食べる順番ダイエット】は食事のメニューの食べる順番を変えるだけのダイエットです。

食べる順番

①サラダなどの野菜(食物繊維)
②肉や魚などのタンパク質
③その他のおかず類
④炭水化物

この順番で食べ進めるだけです。

野菜盛り

温かい汁物があれば、汁物を1番に食べても良いです。
温かい汁物は胃や腸を温めてくれて働きを活発にしてくれます。

なぜ食べる順番を変えるだけでダイエットになるのか

人の体は、食べ物を食べた順に消化・吸収されるようになっています。

「お腹ペコペコだ!よーし、肉と米から食うぞー!!」
なんて食べ方を頻繁にしてるとダメです!

脂の多い肉から食べると脂肪分や、タンパク質から吸収されます。
お米から食べると炭水化物から吸収されます。

そこで、野菜から食べることで野菜に含まれる【食物繊維】がその後に食べる食べ物の消化・吸収を抑えてくれるのです。
野菜を先に食べることで血糖値の急上昇を抑制してくれるという効果もあります。

血糖値とダイエットの関係性

空腹時にご飯やパンなどの炭水化物から食べてしまうと糖分が血液中にたくさん放出され、血糖値が急上昇します。
そして血糖値を下げる働きを持つ【インスリン】というホルモンが分泌されます。
インスリンは糖分を脂肪として体内に蓄えるという働きを持っています。

まさにデブエットの見方ですよね(笑)

食事のとき野菜を先に食べて、炭水化物を最後に食べることで血糖値の上昇が抑えられ、結果的にインスリンの分泌を減らすことができるのです。

【食べる順番ダイエット】は

1番目に野菜、最後に炭水化物を食べる

これを意識して食事を摂るだけです。
仕組みさえわかってしまえば本当に簡単ですよね。

デメリット?(個人的に)

この【食べる順番ダイエット】にもデメリットはあります。
それは、
食べたいものを我慢して先に野菜を食べなきゃいけないツラさです(笑)

お腹が空いてる時に肉と米を差し置いて、先に野菜を食べる。
このツラさはやばいです(笑)

だから僕は体を絞る時期しかこの【食べる順番ダイエット】はしてません。
やっぱり食事はストレス無く摂りたいですもんね。

でも毎回やらなくても、意識してやりたい時にいつでも取り入れることができるダイエットなので本当におすすめです。

まとめ

ダイエットに必要なのは無理なく、
【誰でも・簡単に・いつでも】できるダイエットだと僕は思ってます。

そういう点では、いつもの食事の食べる順番を変えるだけでダイエットの効果があるのは素晴らしいと思います。

難しく考える必要はなく、

1番目に野菜、最後に炭水化物を食べる

これを意識しておけば大丈夫です。

せっかくの食事です。
食べたいものを諦めるんじゃなくて、食べる順番を変えることで無理のないダイエットにしましょう。